杵屋佐吉オフィシャルウェブサイト

当代プロフィール

七代目 杵屋佐吉長唄 佐門会 家元 七代目 杵屋佐吉(三味線方)
Sakichi Kineya/本名・武藤吉彦

 昭和二十八年(1953)、五世佐吉の次男として東京に生まれる。
 玉川学園高等部卒業後、曽祖母の名、佐喜を襲名。二十三歳の時(1976)、イタリアで三年ごとに開かれる演劇祭〈インコントラツィオーネ〉に「千手魚神太鼓」の作曲、演奏で参加。二十四歳から、稽古場のある静岡県島田市の帯祭で第二街屋台を受け持つ。
 兄小佐吉がクモ膜下出血で倒れ長期療養中だったため、父五世の没後、六世を兄におくり、同時に家元七代目杵屋佐吉を継ぐ(平成五年[1993])。
 平成四年(1992)より国立劇場小劇場に於いて、長唄小曲〈芙蓉曲研究会〉と代々杵屋佐吉の作曲作品発表会である〈杵屋佐吉の会〉を主催。
 平成十年(1998)、第四回〈杵屋佐吉の会〉では、佐吉家に伝わる三百五十年前の古近江三味線〈野路〉を完全修復し、「野路の月」を作曲発表する。
 めずらしい三味線のコレクターでもあり、楽器としての三味線の研究も心掛けている。
 長唄協会常任理事 現代邦楽作曲家連盟同人 樂明會同人

杵屋浅吉四代目 杵屋浅吉(三味線方)
Asakichi Kineya/本名・武藤弓彦

 昭和五十四年(1979)、東京生まれ。七代目佐吉の長男。
 三歳のとき、新橋演舞場で初舞台。
 小学生から中学生にかけて、故東音田島佳子師に三味線を師事。
 高校からはトランペットを植木保彦師に師事、民族音楽研究家の二橋潤一師のもとで樂理を学ぶ。十八歳で四世佐吉の前名である浅吉を襲名し、本格的に長唄の道に入る。唄を今藤尚之師、三味線を今藤長龍郎師に師事。
 現在、三味線方として演奏会、舞踊会、歌舞伎公演、放送などで活躍中。

杵屋佐喜三代目 杵屋佐喜(唄方)
Saki Kineya/本名・武藤文彦

 昭和五十八年(1983)東京生まれ。七代目佐吉の次男。
 幼少時より祖父・五世杵屋佐吉、人間国宝・杵屋佐登代師に手ほどきを受ける。
 六歳より三味線を東音田島佳子師に、囃子を田中佐幸師に師事。同年、国立大劇場にて初舞台。高校までは野球に没頭。
 玉川大学文学部芸術学科、声楽専攻卒業。声楽を藤原歌劇団テノールの市川和彦師に、ピアノ・作曲をピアニストの仲野真世師に師事。第11回アジアクラシック音楽コンサート新人賞受賞。
 平成十四年(2002)、七代目佐吉の前名である佐喜を襲名。
 現在、唄方として国内外の演奏会、歌舞伎公演、日本舞踊会、テレビ、ラジオ等に出演多数。また全国各地でのワークショップや、一般社団法人長唄協会の委員として教科書の作製に携わるなど、邦楽の普及活動にも積極的に取り組んでいる。

次へ(佐吉家系譜)→
ページ上部に戻る